• ニュース
  • 取扱商品
  • 企業情報・IR
  • ショップリスト
  • オンラインショップ
HANAE MORI

東洋からただひとりパリ・オートクチュール組合に加盟するデザイナー。
1950年代の日本映画全盛期に多数の衣装を担当。65年ニューヨークで初の海外コレクションを発表、77年パリにオートクチュールメゾンをオープン。以来、「東と西の融合」をテーマに国際的な活動を続ける。
朝日賞、レジオン・ドヌール勲章、東京都文化賞、文化勲章他。
著書に『ファッション−蝶は国境をこえる』(岩波新書)『HANAE MORI STYLE』(講談社インターナショナル)他。
東京女子大卒、島根県出身。


主な作品

●映画衣装
『太陽の季節』『狂った果実』『四十八歳の抵抗』(1956)
『彼岸花」(1958)『秋日和』(1960)
『秋刀魚の味』(1962)他
 最近では『スパイ・ソルゲ』(2003)
 
●舞台衣装
 オペラ『マダム・バタフライ』(1985 ミラノ・スカラ座)
 バレエ『シンデレラ』(1986 パリ・オペラ座)
 オペラ『エレクトラ』(1996 ザルツブルグ音楽祭)
 創作能『高山右近』(1997)他
 最近では、能とバレエ『胡蝶』(2002)、新作歌舞伎『斑雪白骨  城』(2003)
 
●ユニフォーム
 バルセロナ日本選手団公式服(1992)
 リレハンメル日本選手団公式服(1994)
 また、JALスチュワーデス制服(1967、1970、1977)など
 企業制服も多数。

  • プライバシーポリシー