• ニュース
  • 取扱商品
  • 企業情報・IR
  • ショップリスト
  • オンラインショップ
CELINE

ヴィヴィアン・ウエストウッドは、70年代のロンドンのパンクファッションの仕掛人として有名になり、以後アバンギャルドなデザイナーの代名詞として称されて来ましたが、現在に至ってはオートクチュールとも呼べる高度なテクニックに裏付けられた服作りと高く評価されています。
トレンドというものに全く惑わされることなく、ファッションに敏感な時代の若者層にも熱く支持されカリスマ的存在となっています。

彼女は、教師になる勉強をしていましたが、のち音楽プロデューサーのマルコム・マクラレンと知り合い、二人でロンドンのキングス・ロードに店を開きました。
ロック・ミュージシャンやパンク達を中心に顧客が広がり、当時のロンドンの若者文化を具現化する店として知られるようになります。

その後、「too first to live, too young to die」「セックス」「ワ−ルズ・エンド」など過激なネーミングでブランドを続々と発表。特に80年代初めのパイレーツ(海賊)・ルックやボロ・ルックは話題を呼びました。
過激さの中にも抑えた色彩や素材など、伝統的なブリティッシュ感覚も多分に盛り込まれています。

  • プライバシーポリシー