• ニュース
  • 取扱商品
  • 企業情報・IR
  • ショップリスト
  • オンラインショップ
LADUREE

1862年にルイ=エルネスト・ラデュレによってパリのロワイヤル通り16番地で創業されたラデュレは、特にそのマカロンによって有名になりました。

パティスリーとカフェを融合させた《サロン・ド・テ》は当時、初めて《婦人達》に開かれた社交場のひとつでした。
ラデュレはパリの《サロン・ド・テ》の歴史をつくり現在も格調高いメゾンとして、世界中の人々を魅了し続けています。

●ラデュレのマカロン
ラデュレのマカロンの歴史は、ルイ=エルネスト・ラデュレの従弟のピエール・デフォンテーヌの名案によって始まりました。彼は20世紀の半ばに2つのマカロンを合わせて、その中に美味しいガナッシュを挟むことを思いついたのです。
以来、この外がさくっとしていて中がとろけるような食感をもつ丸くて柔らかい小さなお菓子は、毎朝ラデュレの工場で当時の製法そのままに作られ続けています。
ラデュレのパティシエたちは、アーモンド、卵、砂糖の量を厳密に計り、そこにマカロンのデリケートな製造には不可欠である、メゾンが誇る世界唯一のノウハウが加えられます。
また、ラデュレは毎シーズン、新しいフレーバーを創作しています。
新しい味を作るにあたって常に他のマカロンとのバランスを考慮し、風味はもとより、色のパレットにも気を配っています。色は人を魅了する極めて重要な要因であるのです。

インターモード川辺オンラインショップでご購入
  • プライバシーポリシー