• ニュース
  • 取扱商品
  • 企業情報・IR
  • ショップリスト
  • オンラインショップ
ピンクブーケ
モスキーノ モスキーノ・トイ
“モスキーノ・トイ”は、自然の奥深く、ぬいぐるみの王国からやって来ました。
モスキーノのクリエイティブディレクター、ジェレミー・スコットによって創りだされた“モスキーノ・トイ”は、過去のフレグランスの常識を覆し、見た目、機能、楽しさを追い求めたフレグランスです。

“モスキーノ・トイ”は、「トイ」という名前どおりのフレグランスです。一番の特徴は、いつでもどこでも好きな時にハグしたり寄り添ったりできるフワフワしたテディベアが、そのままの形でフレグランスになっているということです。幸せそうな顔をしたテディベアの頭の部分を取り外すと、からだの中に組み込まれたアトマイザーが魔法のようにあらわれます。ジュースをシュッとひと吹きした後は、“モスキーノ・トイ”をドレッサーに置いたり、他のぬいぐるみたちと一緒にベッドまわりに並べたりもできます。

「“フレグランスの見た目はこうでなければいけない、ボトルはこうあるべきだ”といった常識を超えたかったのです。そして“モスキーノ・トイ”でそれを実現したのです。」と、ジェレミー・スコットは彼のはじめてのフレグランスについて語ります。

スコットはテディベアへの愛を、1988年秋冬コレクションでぬいぐるみに覆いつくされたドレス、コートそして帽子を発表したモスキーノの創始者、フランコ・モスキーノと分かち合っています。ちょっと生意気で、すごく愛らしいジェレミー・スコットのテディベアは、ハートウォーミングな微笑みをたたえ”This is Not a Moschino Toy”と書かれたTシャツを着ています。
そして”Try Me”や”Touch Me”と書かれた吹き出しマークが描かれた、ほんとうのおもちゃのようなパッケージにおさめられた“モスキーノ・トイ”は、透明パーツから愛らしい顔をのぞかせています。さらにこのパッケージにはバックフリップがつけられ、世界中のおもちゃ屋さんで見られるようなフックまで取り付けられています。
“モスキーノ・トイ”の香りは、マンダリン、カルダモン、ベルガモットではじまります。ハートノートはラベンダー、バイオレットペタル、そしてサンザシのソフトでシルキーな香りが広がります。ベースノートでは、サンダルウッド、バニラ、マウンテンツリーモス、アカシアのウッディノートが、“モスキーノ・トイ”の故郷である森を思い浮かばせます。

まぎれもなくユーモラスで、ウィットとエンタテイメントに満ちた“モスキーノ・トイ”は、製品の開発においても革新的でした。パッケージ、見せ方、そして販売方法のどれをとっても創造力に富んだものとなりました。もっとも重要だったことは、ジェレミー・スコットがモスキーノブランドを進化させるための、飽くなき冒険の一歩となるプロジェクトであったということです。
香り
香調:シトラス ウッディ フローラル

ひんやりとした山々の風を思わせる、心そそられるフレッシュ感。木のさわやかな香り、新鮮なツリーモスの香りをまとめるシトラスフルーツ、ジュニパーベリー、カルダモンの香り。
そよぐ風に包まれながら、徐々に香りが変化していきます。ソフトでスムース、思わず抱きしめたくなるようなテディベアの香り。いつでも一緒にいたくなるような、うっとりするような香りです。
そして最後は、虜になるようなバニラ、そしてバイオレット、オーベピン、サンザシの美しい花々の花弁の香りが添えられたあたたかくクリーミーな森の香りが、テディベアのふんわりとした感触を思わせる、ユニセックスでお使いいただける香りです。
ピンクブーケ
このページのトップへ
ボトル&パッケージ
ピンクブーケ
このページのトップへ
商 品 名 単 価
モスキーノ
モスキーノ・トイ オーデトワレ 50mL
本体 15,000円
インターモード川辺オンラインショップでご購入 香水専門店「フレグランス・アベニュー」でご購入
お取り扱い店舗を検索
このページのトップへ
  • プライバシーポリシー